オンラインショップ

トップにもどる

なっちゃんブログ

なっちゃんブログ一覧

2 10

2017/02/10(金)

天気:くもり

秋田の伝統行事:六郷のカマクラ

 

こんにちは。

Aターンして2回目の冬を迎えたスタッフNです。

厳しいとは感じていましたが、東北の冬をかなり甘く見ていました。

pict_1

 

乗車中に信号が見えなくて焦ったのは初めてです。

車の中が騒然となりました・・・

 

 

しかし、雪景色を見ながらのドライブは、それでも楽しいものです。

 

いつも通りの道を走っていると… 

pict_2

なんだろう、これは?

白い雪原に映える綺麗な短冊たち。

知っている行事の中に、当てはまるものがありません。

すごく気になります。

 

 

社内で聞き込みをしていると「わたしも気になる!」となっちゃんが加わってくれました。

心強い!そこで一緒に、地域行事に詳しい総務課長に聞いてみました。

「あいはょぉ、天筆(てんぴつ)っていうやづだぁ(原文ママ)」

tenpitsu

 

 

天筆(てんぴつ)!!

 

 

点筆は「六郷のカマクラ」という小正月行事の一環として行われているもので、

各家庭で願い事を書いて軒先に青竹に結んで吊るします。

そして15日の夜、神様に願い事を届けるために「カマクラ畑」に集められて焼かれるそうな。

(毎年2月11日〜15日の間、天筆のほか、鳥追い行事・雪宮、竹うちなどが行われています。)

「天筆は、風にたくさんの天筆がなびく様子は素晴らしいよ〜」と教えられ、

早速探索に行くことに。

(・・・移動中・・・)

pict_3

 

 

 

 

なっちゃんと一緒に、天筆が焼かれる「どんど焼き」が行われる会場のそばにやって来ました。

 

 

 

 

pict_4

各家々の庭先に出ていますね!

やや風が吹いていたので、天筆がサラサラ揺れて

綺麗です。

この1本ずつに一人一人の願いが込められていることを

思うと、地域行事の温もりを感じます。

 

「私も書きたいなぁ〜」となっちゃん。

実は天筆、地元の方以外も手書き体験ができます。

名水市場 湧太郎で「六郷のカマクラ」期間中、有料で開催されています。

が、それを知ったのが探検が終わってから(涙

 

pict_5

今年は、名水市場 湧太郎 でなっちゃんと見つけた

「ミニ天筆」を飾って、

「来年は、天筆を書こうね。」と

約束をして調査を終えました。

 

皆さんも、「六郷のカマクラ」現地で楽しんで見てはいかがでしょうか?

 

おまけ

地域行事に詳しい総務課長が「天筆なば、ヤマダフーズもだしでらょ!(出してるよ!)」と

これまた調査終了直後に・・・

「知ってたら写真とってきたのに!」と、なっちゃんにおこられたのはナイショです。