オンラインショップ

トップにもどる

なっちゃんブログ

なっちゃんブログ一覧

7 5

2016/07/05(火)

天気:晴れ

横手市浅舞のあやめ祭りに行ってきたよ!

20160705-1ヤマダフーズの豆腐、豆乳工場がある横手市浅舞には、5.5haの広大な敷地内があやめで埋め尽くされる「あやめまつり」が毎年開催されます。一口であやめと言いましてもこの敷地内にはなんと、80種3万株50万本もの花が咲きそろうと言いますから、それはそれは圧巻。
20160705-2かくゆうおはよう娘、実はこのまつりに行ったことがなかったので、この土曜日に出かけてみましたよ。

期間中はブラスバンド演奏や、ギター、婦人会のあやめ音頭、ネイガーショーや、野点、熱気球などなど盛りだくさんの催し物も。

娘はちょっと早く到着したので、静20160705-4かな園内をのんびり巡ってまいりました。

80種類を数えるのはハナから諦めておりましたが、種類ごとに名札があって、「玉手箱」「北野天使」「日本海」「黒雲「煙夕空」「深窓佳人」「高嶺の雪」「源氏蛍」などなどうっとりするような響きの素敵20160705-3な名前。花の雰囲気にもしっくりくる名前ばかり。名前とともに花を観賞しますと、一段と味わい深いものがありました。

 

 

 

 

20160705-5

 

花があるところには団子が付き物。

祭のあるところに屋台あり。

地元の名物がずらりと軒を連ねていました。

 

 

 

20160705-6

 

お昼にも早いので、夏の秋田の定番「ババヘラ」を。

バラ盛りにしてもらいました。

 

 

 

 

 

20160705-7

おみやげは「あやめだんご」。これは草餅にこし餡をからめた団子。

そして忠義な猫、ニケちゃんクッキーも。卵の風味たっぷりのおいしいクッキーですよ。

このニケちゃん、明治時代の大地主伊勢多右衛門に飼われていた雌猫です。多右衛門は飢饉などに備えて20160705-8慈善組織を作り米を蓄えていたのですが、ネズミなどに荒らされるなど被害がでていて困っていたところ、このニケちゃんが、ネズミや蛇退治に大きな貢献を果たしました。多右衛門にはまるで自分の意志を汲んだかのように働く猫が、神仏が乗り移った命の番人のように見えたという。ニケちゃんは13年の命を全うし、多右衛門はこの功績を忘れないようにと碑を建てたのだそうです。浅舞公園散策のおりにはこの忠義な猫を詣でてみてはどうでしょ。