オンラインショップ

トップにもどる

よくあるお問い合わせ

納豆について

  • 賞味期限について

    Q1. 賞味期限がすぎた納豆は食べて問題はありませんか。
    納豆は発酵食品なので、賞味期限を過ぎてもお腹を壊したりすることはありません。
    賞味期限は納豆の適度な発酵状態が維持できている、最もおいしく食べられる期間です。
    つまり、シャリシャリとしたチロシン(アミノ酸の結晶)も出ず、きつい納豆臭(アンモニア臭)もない状態で食べられる期間を指しています。
    Q2. どうして粒とひきわりで賞味期限が違うのですか。
    粒納豆に比べ、ひきわり納豆は割った断面の分だけ表面積が大きくなり、その分納豆菌が活動するスペースも多くなります。
    このため発酵が進みやすくなり、ひきわり納豆のほうが粒納豆よりも賞味期限が短くなります。
  • 表面の白い点々について

    Q1. 納豆の表面に白いぶつぶつがありますが何ですか。(かき混ぜて溶ける場合)
    納豆の表面に見られる白いものは納豆菌の集まりです。
    お召し上がりいただいて問題はありません。
    Q2. 納豆の表面に白いぶつぶつがありますが何ですか。
     (かき混ぜても溶けないシャリシャリした粒の場合)
    白いぶつぶつはチロシンというアミノ酸の結晶です。
    納豆菌の発酵によって大豆の成分が分解されて出来たもので、無害です。
    賞味期限内に見られる場合は、納豆を室温などに置いておく等したため納豆菌の働きが活発になり、発酵が進み過ぎてしまいチロシンが形成されることがあります。
  • 保存方法について

    Q1. 冷凍しても大丈夫ですか。
    納豆を冷凍しても納豆菌は生きております。しかし納豆の容器は密封されておりませんので、長い期間冷凍保存しますと納豆が乾燥し、風味や食感が損なわれることがあります。
    なるべく冷蔵で保管し賞味期限内にお召し上がりになることをお薦め致します。
    Q2. 冷凍した時の賞味期限はどのくらいですか?
    納豆は冷蔵のまま賞味期限内にお召し上がりいただくことをおすすめしておりますが、やむを得ず冷凍保存される場合は、冷凍による乾燥がないよう密封してください。
    解凍後の賞味期限は、冷凍直前の賞味期限までの日数となります。
    Q3.開封してタレを混ぜた納豆はどのくらい保存できますか。
    納豆にタレを混ぜますと、時間が経つにつれてタレの味が納豆の中に染み込んでしまい味が変わってしまいますので、なるべく早めに召し上がることをお薦め致します。
  • 納豆の栄養について

    Q1. ビタミンK2はなぜひきわりに多いのですか。
    ビタミンK2は納豆菌の働きで生まれます。
    ひきわり納豆は大豆を割っているため、納豆としての表面積が粒より大きくなり、その分納豆菌が多くなるためです。
    Q2. 納豆をどのくらい食べれば骨粗鬆症予防になりますか。
    納豆には骨に良いとされるカルシウムやイソフラボンが含まれますので、他の食品とバランス良く日々の食事に取り入れることで、骨の健康に役立つと期待されます。
    しかし、納豆は食品ですので医薬品のような効果効能をもたらすものではありません。
    Q3. 納豆をどのくらい食べれば血栓症予防になりますか。
    納豆には血管や血液の健康に良いとされるたんぱく質やレシチン、ナットウキナーゼなどが含まれますので、他の食品とバランス良く日々の食事に取り入れることで、健康づくりに役立つと期待されます。
    しかし、納豆は食品ですので医薬品のような効果や効能をもたらすものではありません。
    Q4. 納豆にはどんな栄養素がありますか。
    大豆たんぱく質をはじめ、食物せんい、ビタミンB群やEなどのビタミン、カルシウムや鉄などのミネラルも含まれております。
    女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンや、納豆菌が作り出すビタミンK2なども豊富でマスコミで話題になります。
    Q5. 納豆チャーハンなど加熱料理に使うと納豆の栄養素はなくなりますか。
    ナットウキナーゼなど酵素は熱に弱いので加熱は控えた方がいいですが、たんぱく質やせんい、ミネラル、熱に強いビタミン類などは加熱しても問題ありません。
  • 大豆について

    Q1. 国産大豆の産地はどこですか。
    秋田県産と北海道産を主に使用しております。
    Q2. 輸入大豆の産地はどこですか。
    アメリカ産とカナダ産を使用しております。
    Q3. 極小粒、中粒、大粒のサイズの違いは何ですか。
    原料大豆のサイズが4.5~5.5ミリが極小粒となります。
    Q4. 遺伝子組換え大豆は使用していますか。
    使用する大豆に遺伝子組換え大豆は使用しておりません。
  • 納豆菌について

    Q1. 加熱や冷凍で納豆菌は死んでしまいますか。
    納豆菌は100℃以上や氷点下の環境では芽胞菌となり、増殖はできませんが生き延びることができます。
    納豆を冷凍後解凍しても粘るのはそのためです。
  • その他よくあるご質問

    Q1. 納豆が粘るのはなぜですか。
    納豆のネバの成分はグルタミン酸ポリペプチドと、フタクタンの混合物で、旨み成分でもあります。
    納豆菌の繁殖と発酵によってこの粘りが生成されます。
    Q2. 発酵は腐ることではないのですか。
    発酵も腐敗も、食品が微生物によって分解されることによって変化する現象ですが、発酵は人間にとって有用であるのに対し、腐敗は有害な場合を指します。
    Q3. 他の豆も納豆になりますか
    インゲンやソラマメなど他の豆類も発酵しますが糸引きが弱く、おいしい納豆にはなりません。
    Q4. なぜ納豆はにおうのですか。
    納豆菌が大豆の成分を分解することで納豆ができあがります。
    においはその過程で、納豆菌がたんぱく質を分解したときに発生するアンモニア臭や、有機酸などによるものです。
    品質が保たれていると甘みのある程よい納豆の香りが感じられますが、発酵が進み過ぎたり賞味期限が過ぎますとキツい臭いとなっていきます。
    Q5. 大豆はどのくらいの時間で納豆になるのですか。
    大豆の大きさや品種にもよりますが、納豆菌を接種した煮大豆は、40度前後の発酵室内で16〜24時間ほどで納豆になります。
    Q6. 納豆の上にかけてある薄いフィルムは何のためにあるのですか。
    このフィルムは被膜と言います。
    おいしく納豆を発酵させるためには適度な湿度が必要です。
    被膜によって大豆表面の湿度を保ち、乾燥を防ぐためのものです。
    Q7. どうして納豆には芥子が添付されているのですか。
    納豆の旨みを引き立てるために芥子のぴりっとした辛さが好まれておりますが、もともとは品質管理があまり良くなかった昔は納豆の臭いも強かったため、これを軽減するために芥子が使われたと言われます。
    Q8. 納豆の容器は燃えるゴミとして捨てられますか。
    ゴミの捨て方はお住まいの自治体に従ってください。
    Q9. 納豆のねばが付いた器を簡単に洗う方法はありますか。
    水洗いの前に、火傷に注意しながら湯をネバにかけますと、簡単にぬめりが取れます。

豆腐について

  • 賞味期限について

    Q1. 開封後の賞味期限はどのくらいですか。
    開封後は雑菌などの混入の恐れがありますので、なるべくお早めに使い切ってください。
  • 保存方法について

    Q1. 冷凍保存はできますか。
    豆腐は冷凍しますと食感が著しく低下しますので、冷蔵で保存し賞味期限内にお召し上がりください。
    Q2. 開封し、半分だけ残った豆腐はどのように保存するのがいいですか。
    タッパーなどに移し、浸るほどに水を入れ蓋をして冷蔵庫で保存してください。
    開封後はどうしても雑菌にさらされますので、未開封時の賞味期限よりも品質が早く低下します。
    こうした保管方法は一時的なものとしてなるべく早く使用することをお薦め致します。
  • 添加物について

    Q1. にがりって何ですか。
    凝固剤として豆腐を作る過程で使われます。
    原料となる豆乳に混ぜることで凝固反応が起きて固まり、豆腐ができます。
    海水から取れる塩化マグネシウムが主成分です。
    Q2. 消泡剤って何ですか。
    原料となる豆乳を作る過程で豆乳に泡ができます。
    これは大豆に含まれるサポニンという物質によるもので、この泡を消すために消泡剤が使われます。
    当社ではグリセリン脂肪酸エステルとレシチンを使用しております。
    豆乳の泡を消さずに豆腐を作りますと、製品にムラができて美味しさが損なわれたり、気泡が入った豆腐ができたりします。
    Q3. グリセリン脂肪酸エステル、レシチンとは何ですか。
    消泡剤として使用される食品添加物です。
    植物由来の油の一種で国によって安全性が認められています。
  • 大豆について

    Q1. 国産大豆の産地はどこですか。
    主に秋田県と北海道です。
    Q2. 輸入大豆の産地はどこですか。
    主にカナダとアメリカです。
    Q3. 遺伝子組換え大豆は使用していますか。
    当社の製品の原材料には一切使用しておりません。
  • 安全について

    Q1. 輸入大豆の残留農薬は検査していますか。
    残留農薬を検査した大豆だけを仕入れております。
  • その他よくあるご質問

    Q1. もめんと絹では木綿のほうが豆乳が濃いのですか
    原料の豆乳は同じです。
    木綿豆腐は、絹豆腐が固まり切らないうちに型に流し込み、圧縮させて作ります。
    豆乳は同じですが、圧縮する分、絹ごしよりも栄養成分値が高くなります。
    Q2. 充填豆腐とは何ですか。
    冷たい豆乳ににがりを混ぜ、容器に充填して密封してから加熱し凝固させるのが、充填豆腐です。
    昔ながらの豆腐は、温めた豆乳ににがりを加え、大きな型で固めてからカットして容器に入れるのでカット豆腐と呼ばれます。
    Q3. どうして水が入った豆腐と、そうでない豆腐があるのですか。
    水が入った豆腐は、カット豆腐と呼ばれるもので大きな方で作ってからカットし、容器にパックします。
    このとき、豆腐が崩れないようにするために水が入っています。
    一方、充填豆腐は容器一杯に豆腐が入っているため、崩れる心配がありません。

ヤマダフーズについて

  • ブランドについて

    Q1.パッケージについている女の子の名前を教えてください。
    おはよう娘「なっちゃん」です。
  • 事業内容について

    Q1.取扱い製品を教えてください。
    市販用納豆、業務用納豆、充填豆腐、もめん豆腐、豆乳、湯葉、豆乳ヨーグルトを製造しております。
  • 納豆発祥について

    Q1.納豆発祥が秋田というのは本当ですか。
    秋田県県南の横手市金沢に納豆発祥の伝承があります。
    平安時代後期、この一帯で勢力を誇っていた清原一族の内部分裂に源義家が加担し、後三年の合戦へと発展していきました。
    季節は冬。このとき、義家軍が農民に食糧を供出させたところ、俵に詰められた煮大豆が差し出されました。
    これを馬の背にくくりつけて進軍し、数日後にあけてみると大豆が糸を引いていたというのが納豆発祥の伝承です。