オンラインショップ

トップにもどる

なっちゃんブログ

なっちゃんブログ一覧

6 17

2016/06/17(金)

天気:くもり

愛社精神あふれる朝ごはんを考案してみた。

20160617-10

ワンプレート朝ごはん、の「ワン」が持つライトな雰囲気に、すべてが簡単に済ませられそうに思えたのですが、実は盛り付けやら配色やらに、センスをいちいち問われる類いの面倒な朝ごはんだということに、うすうす気がつき始めたおはよう娘です。

なので、娘としましては「ワン」を

20160617-2

「椀」に置き換えまして、椀ものに栄養素のほとんどを投じた、本当に楽な朝ごはんを提唱することにしました。

切って煮るだけ。盛るだけ。食べるだけ。

さすがに椀ものだけだとワンワンごはんで格好がつきませんので、脇を固めるためにまず浅漬け。

20160617-3

きゅうりの乱切りと、ミョウガ、生姜に軽く塩を振り、秋田名物のとろろ昆布も入れてみました。ポリ袋にいれておけばOK。

その間に、わんわんご飯のメインに取り掛かります。

今日は豆腐と豆乳を使って自社商品のPOSを微力ながら上げときます。

20160617-4

材料は、

□無調整豆乳:娘はまちがえて調製豆乳を買いましたので皆様も気をつけてくださいね。

□豆腐

□サバ缶

□好きな野菜いろいろ

20160617-5火の通りにくいものから順次煮ていきます。出汁は不要です。

なので全部同じタイミングで火が通る具だと、一気にできるので楽です。

あらかた火が通ったら、サバ缶を汁ごと入れます。サバが入れば一気に美味しさを底上げしてくれますので貴重です。

20160617-7

続いて、豆腐を崩しながら入れます。娘はいちいち包丁で切りません。一煮立ちしたところで豆乳を入れ、沸騰しない程度に温まったら火をとめてから、味噌を溶き入れます。

これでメインの椀物完成です。

さて、炭水化物にもとりかかります。

納豆ご飯のお焼きを作りますんで。具はひじ20160617-8き、ピーマン、ねぎ、大粒納豆。

ひじきは水で戻してから、ぎゅっと絞って水気を切ります。ご飯に具を全部いれて混ぜ込んで、さらに片栗粉を大さじ1〜2ほど混ぜます。

娘はこのとき、あるだろうと思っていた片栗粉がなくて、片栗粉なしでお焼きに挑戦して20160617-9みました。フライパンにオリーブオイルを多
めに熱して納豆ごはんを投入。きっとご飯と納豆の結束力があれば、片栗粉がないこの状況を打破できると、そう考えたのです。

がしかし、ご飯も納豆もてんでダメですわ。

一丸になってお焼きになろうという気がまったくないんですわ。てんでばらばらで、結局20160617-6納豆チャーハンに成り果てました。

さすがにそれじゃあ悔しいので、娘はオーブントースターに海苔を敷き、その上に例の納豆お焼きの素片栗粉抜きを置いて、5分ほど焼きました。そこそこ固まった感がありました。

さて、さきほどの具沢山の豆乳味噌汁を盛り20160617-1まして、ネギを散らします。

浅漬けは、本当に一晩の時間が必要なようでこの短時間では浸かりきっておらず、超あっさ〜い漬物でした。実際は一晩ほど冷蔵庫で置くことをお勧めします。

さあ、納豆、豆腐、豆乳と三拍子揃った朝ごはんですよ。ヤマダフーズ社員として模範的な朝ごはんでしょう。